// 2012中国伝統龍年の春節が開催されました - 柏キャンパスライフ

2012中国伝統龍年の春節が開催されました

 今年、1月23日は、中国の伝統的な春節のお祭りでした。中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国のみならずシンガポールやマレイシアなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されています。

 1月21日(土曜日)東京大学中国留学生学友会主催の東京大学中国留学生新春聯誼会がUDCKに近いKFV(Kashiwa Future Village)で盛大に行われました。この聯誼会では、東京大学の留学生たちだけではなく、東大柏キャンパス内の先生方、外国の留学生たち、日本の友人たちを含めおよそ70名が参加しました。

 
photo1.jpg

司会者による伝統春節の開催

 

 新春聯誼会では、みんな一緒に餃子、中華料理、いろいろな中国の伝統的な食べ物を作りました。餃子作りは4組。経験者は日本人ボランティアと他の国からの友人に餃子の作り方を教えて、各組の未経験者も積極的に餃子とワンタン造りに参加しており、皆で楽しみ親睦を深めようという雰囲気が感じられたパーティーでした。心を込めておいしい餃子を作るのを目標に、皆ずっと頑張っていました。

 餃子はその発音が交子(子を授かる)と同じであることや、中国清代の銀子の形に似ていることにより縁起の良い食べ物としても珍重されます。また「交」には「続く、末永し」という意味もあり、春節には長寿を願い食され、大晦日(過年)には年越し餃子(更歳餃子)を食べます。

photo2.jpg

中国水餃子を一緒に作っている

 
photo3.jpg

東京大学中国留学生学友会副会長馮斌さん挨拶

 
photo4.jpg

東京大学国際本部国際センター柏オフィス代表吉田さん(右)挨拶

 
photo5.jpg

三井ボランティアネットワーク事業団副団長春日井さん(右)挨拶

 

 司会者による開会の挨拶をはじめ、美味しい餃子を食べたり、ゲームをやったり、歌を歌ったり、皆で楽しく半日を過ごしました。

photo6.jpg
 
 
photo7.jpg

申斌さん(上)、強雪婷さん(下) プロ選手のように歌いました

 
photo8.jpg
 

 最後に、一緒に写真を撮っているとき、全員笑顔で、龍年に皆よいお年を過ごせるように願いました。とても良い祝賀会だと思いました。また来年の開催を楽しみにしています。

 

趙啓超(環境システム学専攻 影本・阿久津研究室)

 
 
Last-modified: 2016-06-20 (月) 19:50:38 (516d)