// 第9回「新春餅つき大会」 : - 柏キャンパスライフ

第9回「新春餅つき大会」

新年おめでとうございます。

 2018年1月6日(土)今年も気持ちのいい快晴の空の下、 新領域主催の第9回「新春餅つき大会」が開催されました。
研究科長と留学生によるつき始めに続き、新領域、物性研、宇宙線研、大気海洋研など
部局を超えて柏キャンパスの研究室、留学生などの10チームが白餅をついて新年の門出をお祝いしました。

 地元千葉県産のもち米で今年もおいしいお餅をつくことができました。
柏キャンパスの留学生に日本のお正月を堪能してもらおうと、
凧揚げ、独楽回し、福笑い、けん玉、書き初めと日本のお正月の伝統的アクティビティを様々に準備しました。
留学生だけでなく日本人学生も一緒に伝統的なお正月情緒を楽しんでいたのがとても微笑ましい限りでしたが、
2018年のお正月は意外にも羽根つきが一番人気でした。
かくして今年も150名超が参加して柏キャンパス恒例の賑やかなお正月風景となりました。

 最後に、ご協力頂きました「プラザ憩」、ボランティアでお手伝いいただいた皆様に感謝いたします。

(餅つき大会実行委員長/先端生命科学専攻 尾田正二 准教授)



moti180106.jpg


三谷研究科長と留学生による元気な餅つき


moti180106_2.jpg


つきあがった白餅で柏の書き初め




Last-modified: 2018-01-18 (木) 16:12:02 (935d)