// ヨコのつながり - 柏キャンパスライフ

ヨコのつながり

 長期的に見れば、課外活動の充実は研究成果の向上というかたちで大きな利益をもたらすと思う。学融合をかかげる新領域は、学問的・人的交流に大きな可能性を秘めていると感じるのだけれど、創立10年たらずの新しい研究科ということもあり、そうした交流の場は多くはない。

 そのようなわけで私の学生生活は、研究にも全力を注ぎつつ、柏キャンパスに所属する学生の「ヨコのつながり」を強める学生活動に奔走した2年間となった。第1回新領域大運動会を総括する機会をいただいたり、学生団体icubeを創設したり、一般公開と連動したサイエンスカフェの企画運営にかかわったり。そんな活動から得たいちばんの成果は、「出会い」だったかもしれない。分野をこえて動かなければ知り合わなかっただろう、たくさんの魅力的な人たちと出会った。自身の至らなさを痛感し、さまざまな人に助けられた。熱い想いを語りあい、共に仕事をし、最高の時間を共有できた。

 …「ヨコのつながり」はまだまだ発展途上だけれど、新しい学生サークルやプロジェクトが次々に立ち上がり、大学と学生が協力してキャンパスを活性化しはじめる様子を、目の当たりにすることができた。柏キャンパスは、これからが、本当に楽しくなる。その始まりの時期にかかわることができて、とてもうれしく、光栄に思っています。

 

蔦谷匠(つたやたくみ)(先端生命科学専攻 米田研究室 修士課程2年)

Last-modified: 2016-06-20 (月) 19:50:38 (516d)